• このエントリーをはてなブックマークに追加

【レノファ山口FC】

レノファ山口FC(レノファやまぐちエフシー、Renofa Yamaguchi FC)は、日本の山口市、下関市、山陽小野田市、宇部市を中心とする山口県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

元々は教員たちで結成されたチーム

レノファ山口の前身は山口県サッカー教員団といい、戦後間もない1949年、進学校として知られる県立山口高校(通称、山高)出身の教員たちを中心に結成された。80年に中国リーグに昇格。その後、2度の県リーグへの降格と中国リーグ復帰を経験しているが、少なくとも06年以前は「Jを目指そう」などという大それたことなど考えず、純粋にサッカーを愛する地元の教員たちのためのチームであった。
山口教員団を改組して将来のJリーグ入りを目指すことを表明する。その名も『レノファ山口FC』となり、教員団OBの宮成がGM兼任の監督に就任した。将来的な目標は「山口初のJクラブ」。

攻撃主体のチーム

J3得点ランキングの1位から4位までがレノファ山口の選手であり、特に岸田、福満、島屋の得点は2桁台となっており、この3選手の得点力が高いことがわかる。しかし、レノファの得点源はこの3選手だけではない。
データから、レノファ山口というチームは、どこからでも得点することができ、攻撃主体のチームであることがわかる。
その攻撃スタイルは、何度かレノファ山口の試合を観戦に行き、細かくパスをつなぎ裏への抜け出しが多いチームだと感じた。

後半ロスタイム劇的ゴールで優勝

長州の「雑草軍団」が悲願を達成した。J3昇格1年目の山口が、苦しんだ末に初優勝し、悲願のJ2自動昇格を決めた。鳥取戦で1-2の後半ロスタイムに劇的ゴールで執念のドロー。自慢の超攻撃的サッカーが最後に生きた。幕末期に長州藩の混成部隊として結成された「奇兵隊」のようなプロアマ混成チームが、プロサッカー不毛の地から旋風を巻き起こす。

関連するまとめ

この夏おすすめ。ダイエットにピッタリのスポーツ10選。

皆さんは夏にダイエットをしてみてはいかがですか?ダイエットにはスポーツがピッタリ。そこで今回の記事ではダイエットにピッタリのスポーツについてご紹介します。暑…

CW_dog / 1193 view

メッシ、ロナウド、ネイマール、世界で最も高価なサッカー選手10選 1位はやっぱり◯◯…

大手リサーチ会社『Football Observatory』は、2015年6月度の「世界で最も価値のある選手」ベスト100を発表しました。その中からトップ1…

coffeee / 968 view

知ってそうで知らない最高にかっこいいスポーツ、水上スキー 〜競技編〜

日本ではあまり有名でないマイナースポーツの水上スキーのまとめです。

kasuga_syun / 1345 view