• このエントリーをはてなブックマークに追加

【1】SmartNews / スマートニュース

SmartNewsアプリがリリースされたのは2012年12月。それから3年もたたない15年5月には、1200万ダウンロード突破が発表された。
事前に一括してスマートフォンにダウンロードしているため、電波状況の悪い状況下でも個別記事の読み込み時間が短い

【2】Gunosy / グノシー

2011年10月にサービス開始し、2014年10月時点で298万人が利用している(※1)。2013年1月からモバイルアプリを提供しており、現在1,000万ダウンロードを突破。
キャッチコピーは「今日のニュースを3分でまとめ読み」。
Gunosyは、あなたのFacebook、Twitter、ニュース閲覧履歴などからあなたの興味・関心事を分析し、
あなたが「読みたい!」と感じる記事を配信してくれるアプリです。

【3】Yahoo!ニュース / ヤフー!ニュース

Yahoo!ニュースアプリでは、読み終わった記事の表示が薄くなります。ですので、読んだニュースと読んでいないニュースが簡単に見分けられます。
使い勝手もよいですし、何より「Yahoo!JAPANのトップページと同じニュースが表示される」というのはめちゃくちゃ安心感があります。これを押さえておけばとりあえず時事ネタには困らないという。

関連するまとめ

月々の携帯代が半額以下になるかも!?格安SIMを提供しているMVNO15選

格安SIMを提供するMVNO15選の紹介まとめです。楽天モバイル、DMMモバイル、UQモバイル、mineo/マイネオ、OCNモバイルONE、BIGLOBE、…

matusuke / 731 view

ネットフリックスとは何?「映像配信の巨人」は黒船になるのか?

今秋、日本でもサービスを開始する「ネットフリックス」とフジテレビが手を組んだというニュースがありましたが、ネットフリックスって何?黒船と言われているのは本当…

and8 / 704 view

デスクの上で天気予報!?透明の箱“Tempescope”が未来すぎる!!

現在日本人が開発中のデスクの上で天気予報をリアルにシミュレートできる透明な箱“ Tempescope(テンペスコープ)”。 未来すぎて、オシャレすぎて、すご…

mt.Circle / 1163 view