• このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいタイプのワクチンへの期待が高まっている。その代表格が鼻の穴へ吹き付ける噴霧型のワクチン製剤(米国製品名:フルミスト)だ。

生ワクチンだから効果が高い?

生ワクチンのため、インフルエンザの感染防止に高い効果が期待できます。
通常の季節型インフルエンザワクチンは、三種類の( 季節型)インフルエンザウイルス(A新型=H1N1pdm、A香港型=H3N2、B型インフルエンザ)のとげ(H鎖)の部分をこなごなにして、精製した不活化ワクチン(HAワクチンと呼ばれます)です。

 これに対し、フルミスト(FluMist Quadrivalent)は四種類の(季節型)インフルエンザウイルス(A新型=H1N1pdm、A香港型=H3N2、B型インフルエンザは山形系統、ビクトリア系統の2つのグループ)を弱毒化し、生きたウイルスを鼻に吹き付ける、経鼻弱毒生ワクチン(live attenuated influenza vaccine)です。
鼻に噴霧するため、インフルエンザの侵入経路の鼻粘膜に直接免疫を作ることができる(注射型のタイプはインフルエンザが体に侵入することは防げません。)
国内の注射型の予防接種の有効期間が4か月であるのに比べて、フルミストの効果はなんと1年間持続します!

効果薄い?

昨シーズンの流行の主体であったH1N1/09に対しては、不活化ワクチンは効果が高く、各国から60%以上の有効性が報告されていた。本邦でも小児における効果は高く、慶応小児科インフルエンザ研究グループ(代表、菅谷憲夫)の調査では70~80%と高い有効性を認めた。米国疾病対策センター(CDC)によると、2~8歳の小児で不活化ワクチンは60%の効果があったが、フルミストはマイナス31%で無効という衝撃的な結果となった。

副作用は?

「重大な副作用などが出た場合、国に認可されている不活化・注射タイプならば国の補償がありますが、(フルミストは)そういうのがありません。自己責任、あとは製薬会社とのやりとりになります」
生ワクチンなので接種後、数日間軽いかぜ症状(咳・鼻など)をみとめることがあります。

関連するまとめ

簡単体質改善!!ダイエット!!人気上昇中『ゆる薬膳』

簡単体質改善!!人気上昇中『ゆる薬膳』についてまとめ。

rita / 1227 view

海外セレブも注目!健康的に痩せれてお肌にも良い『ヴィーガンダイエット』をまとめたよ!

海外セレブも実践している『ヴィーガンダイエット』はカロリーを気にせず健康的に痩せれると注目を集めています!

kiki / 280 view

最近流行りのスムージーダイエット

最近流行りの一食置き換えスムージー『natural healthy standard』のオススメの飲み方 !

theparty2 / 275 view