• このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷部誠:心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、
常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』
日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。

とにかく売れた本
この後、サッカー選手が続々と本を書くようになりました

長友佑都:日本男児

現在、世界一のサッカークラブ・インテルに所属する長友佑都。
なぜ、ユニバーシアード代表、北京五輪代表、W杯日本代表、そしてチェゼーナからインテルへと駆け上がることができたのか。
なお、
本人の強い希望により、東日本大震災で被災した方々へ、本人の印税の全額を寄付させていただきます。

長友選手は「上昇思考幸せを感じるために大切なこと」もいいですよ

内田篤人:僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版

名門・鹿島アントラーズでJリーグ3連覇、19歳から日本代表に定着。移籍したドイツのシャルケ04でも屈強な男たちを相手に自らのポジションを築きあげ、欧州の大舞台で躍動し続けている。どうして、この男は結果を出せるのか。ポーカーフェイスに隠された、情熱と苦悩が今ここで明かされる。15万部突破のベストセラーに大幅加筆!

結婚のニュースに女性たちの悲鳴が聞こえましたね

川島永嗣:準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント<文庫改訂版>

「今日がいいか、悪いかだけじゃなくて5年後、10年後の自分を常にイメージする。僕はそれを繰り返してきた」。高校時代まで決してエリートではなかった川島は、未来の高い目標を掲げ、そこから逆算して努力を重ねることで成長してきた。プロとなり、日本の守護神となり、そしてヨーロッパへ。これまで実践してきた10のステップを公開!ブラジルワールドカップへ向けた書き下ろし原稿&ベルギーでのオフショットも収録。

川島選手は『本当に「英語を話したい」キミへ』も出しています。

遠藤保仁:変えていく勇気 日本代表であり続けられる理由

なぜ、俺は3度のW杯を経験できたのか―。
ジーコ、オシム、岡田、ザッケローニ、アギーレ……。サッカー観の異なる何人もの監督の下で、何を変え、何を変えずにプレーしてきたのか。プロ17年目にして、進化し続ける司令塔が、「日本代表」の12年を振り返る。世界と戦い、勝つために必要な思考法とは――。日本代表の国際Aマッチ最多出場記録更新中の遠藤選手の進化と挑戦の本質が今ここに明らかになる。

関連するまとめ

湿気にも負けない!ナチュラルな上向きまつげの作り方*

湿気でへたれやすいまつげを、きれいなカールまつげにするアイテムをまとめてみました。

濱田あおい / 1542 view

朝型生活に変えよう!朝型にするメリットとは?

あなたの生活サイクルは夜型?それとも朝方? 実際に、朝型生活に変えた途端、様々なメリットを実感している人も少なくない。 ではいったい、朝方生活に切り替えるこ…

liketimes / 1724 view

人気のスタイリッシュで可愛いウォーターボトル『klean kanteen』

klean kanteen(クリーンカンティーン)ウォーターボトルの紹介。

matusuke / 5685 view

関連するキーワード