• このエントリーをはてなブックマークに追加

古代からアクアリウムが存在した!?

アクアリウム(英: Aquarium)は、水生生物の飼育設備を指す。水族館のような大型施設から小規模の個人的設備までの全体にまたがる概念である。
今日の日本ではその中でも特に観賞用に熱帯魚(観賞魚)や水草などを飼育・栽培すること、またはそのために構築された水槽を含む環境を指すことが多い。この愛好者はアクアリストと呼ばれる。
熱帯魚飼育に関する情報に関しては、熱帯魚または観賞魚を、水草の扱いに関しては水草の項を参照されたい。
閉鎖環境あるいは人工環境中で魚を飼うことは、歴史的に深い起源を持つ。
古代のシュメール人は天然で捕まえた魚を、食料として池で飼うことが知られていた。
中国では、フナ(交配にコイを使ったとの説もあり)を選択的に繁殖させ、今日よく知られた金魚等を生み出すことが2,000年以上前に始まったと考えられる。中国の宋王朝中には、金魚が屋内に持ち込まれ、大きな陶器の容器の中でそれらを楽しむことが行われた。
寺院の長方形の池で飼われている神聖な魚オクシリンコス(エレファントノーズフィッシュと考えられている)の描写が、古代エジプト美術で見つかった。
さらに他の多くの文化が、実益と装飾の目的で魚を飼う歴史を持っている。
エジプトの美術館などで、当時、魚らしきものを飼育していた痕跡を確認することができます。

とはいえ、観賞用として飼育していたわけではありません。
実は、食べるために育てていたのです。

当時は、今のように冷蔵庫もなく、魚を食べたくなったら、その都度漁に出なければなりませんでした。
そのため、ちょっとした穴を作って水を入れ、魚を飼育していたのです。
これが、アクアリウムの原型といっても良いでしょう。

水中なのに生い茂る草木や山がある!!

Whisper of the pines

Whisper of the pines

イスタンブール、トルコのセルカンÇetinkolによって設計された松のささやき。

Forest Morning,

Forest Morning,

サンクトペテルブルク、ロシアのパベルBautinによって設計された森の朝。

Charm of Light

Charm of Light

イスタンブール、トルコのTimucin Sagelによって設計された光の魅力。これは270リットルのタンクであり、5ヶ月で熟成されます。

魚が空を飛んでいる神秘的な世界

The Mini Mountain Range

The Mini Mountain Range

Nagykőrös、ハンガリーのメリンダKoncsikによって設計されたミニ山脈、。このタンクは、水だけで20リットルを含有し、準備に3ヶ月かかりました。

Lookig up

Lookig up

Alchevsk、ウクライナのイリーナKryshtopaによって設計。

Lair Forest

Lair Forest

Nagykőrös、ハンガリーのティボーSzecseiによって設計された隠れ家の森、。タンクのサイズは117リットルであり、成長する7ヶ月を要した、最大16個の異なる植物の種類が含まれています。

Wild West

Wild West

ジャコヴォ、クロアチアのステパンErdeljićによって設計された『Wild West』。

Karst

Karst

天空の城ラピュタ!!

PANDORA、スロベニアのマルコVelikonjaによって設計された火花の地。この450リットルタンクは、それらを浮遊として表示するために強力な磁石を溶岩石とエポキシ樹脂製のガラスに取り付けられた小さな島々が浮遊しているかのようです。

他にもすごいアクアリウムの画像集

関連するまとめ

オイルチョークで路面に別世界を出現させるJulian Beever/ジュリアンビーバ…

イギリスでストリートアートの活動しているJulian Beever/ジュリアンビーバー氏の作品まとめ。

matusuke / 918 view

もはや芸術!スタバのアートボードまとめ!

スターバックス全店舗にある黒板を見たことはありませんか?スターバックスらしいおしゃれで芸術的な作品がそこにはあります。あれはいったいだれが描いているんでしょ…

_rune3838 / 10598 view

【美術館】港区・六本木周辺エリアのアートスポット4選!!

六本木にはアートが楽しめるスポットが凝縮されています。 六本木エリアにある美術館4選を紹介します。

mt.Circle / 543 view