• このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ喫茶『DUB』

…ドイツ語の授業が終わると我々はバスに乗って新宿の町に出て、紀伊国屋書店の裏手の地下にあるDUGに入ってウォッカ・トニックを二杯ずつ飲んだ。
…僕は黙ってセロニアス・モンクの弾く「ハニサックル・ローズ」を聴いていた。

ジャズ喫茶の名店として知られる「DUG(ダグ)」

村上春樹さんの代表作『ノルウェイの森』には「DUG」の記述があります。翻訳され、海外でも人気を集める同作の外国人ファンが、店舗所在地を移した今でも「DUG」を訪れているそう。
「DUG」の歴史は古い。そのルーツは1961年に新宿・現ALTAの裏の「DIG」というジャズ喫茶に始まる。オーナーは、アート・ブレイキー、セロニアス・モンク、ジョン・コルトレーンなど錚々たるジャズの巨人たちの写真を撮り続け、現在もジャズ写真家として活躍する中平穂積氏。新宿のジャズ喫茶文化をその黎明期より支えてきた一人である。
1960年代初頭に開店し、寺山修司氏や植草甚一氏をはじめ、村上春樹氏、和田誠氏、内田繁氏といった文化人が足繁く通った「DIG」と「DUG」。1964年に東京オリンピックの開催が決まり、まさに日本が成長の兆しに沸き立った時代に、音楽を中心とした“コミュニティ×カルチャー”の熱を醸成する場所になっていました。

壁に埋め込まれた「C54 TRIMLINE」の音

C54 TRIMLINE」。名器といわれた20cmフルレンジの「LE8T」にパッシブラジエーターの「PR8」という構成だ。わずか13cmの奥行きという薄型のエンクロージャーを壁に埋めることにより、音の広がりをさらに高めている。

「あなたが、今聴かなきゃならないレコードは全部ある」

「僕はもともとライブ派。ですからレコードもどうしてもライブ盤が多くなります。僕がいるときにはライブ盤も含めて大体10枚以上を選んで従業員に渡すけれど、居ないときの選曲は基本的にはまかせていますね。ただ、ピーターソンのピアノの後に、ウィントン・ケリーみないなかけかたはしないようにとは言ってあります。ですから、ピアノの後はトランペット、その後はヴォーカルのような流れで楽しんでいただけると思います。あとはボリュームですね。必要以上に大きなボリュームでかけることはないです。でも、リクエストの曲は違います。せっかくリクエストしてくれるんだから、ちょっとボリュームを大きくしてあげますよ(笑)」

雰囲気ある店内

メニュー

関連するまとめ

ケビン・コスナー出演のオススメ映画まとめ

「アンタッチャブル」、「パーフェクト・ワールド」は必見!!ケビン・コスナーの出演作品をご紹介。

nyala / 1338 view

フランシス・マクドーマンド出演のオススメ映画まとめ

コーエン兄弟のジョエルが夫、彼の映画に多数出演。フランシス・マクドーマンドの出演作品をご紹介。「ファーゴ」は必見です!!

nyala / 935 view

EDMおすすめDJ

近年、EDM(通称エレクトロックダンスミュージック)が大流行しています。ここで僕がおすすめするDJを紹介したいと思います。

banao_ju / 325 view

関連するキーワード

kiki

ファッション/アート/音楽/文学/ガールズメディア…いろんなことをまとめます♡