• このエントリーをはてなブックマークに追加

きりたんぽ鍋

きりたんぽ(切蒲英)とは、つぶした粳米のご飯を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼き、棒から外して食べやすく切った食品。秋田県の郷土料理。鶏がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いたりして食べる。
秋田県北部の郷土料理で、その地のマタギの料理が起源だったとの説がある。これは、マタギが山から帰った際、残した飯を潰して棒につけて焼き、獲物のヤマドリや山菜、キノコとともに煮たり味噌をつけて食べたりしていたことを理由とする説である。

しょっつる鍋

”しょっつる”とは、秋田名物の調味料で、ハタハタなどの小魚に塩や麹を加えて発酵させて作る魚醤だ。そのしょっつるを使った秋田のご当地鍋料理が”しょっつる鍋”だ。しょっつるの原料にも使われるハタハタや、タラといった魚をメインの具材にして、豆腐、長ねぎなどの野菜と一緒に鍋で煮込む。
しょっつるのクセのある独特の風味が、鍋になるとまろやかになり、旨みとコクを堪能できる。秋田の冬の定番鍋としても知名度が高く、県内各地の郷土料理店などで味わえる。

山の芋鍋

関連するまとめ

「ちょっとだけ手を加えて♪いつものフルーツをおいしく食べるレシピ10選」

フルーツっていくら食べても飽きない!美容や健康にもいいし、毎日食べたい!そんなみなさんの為に、毎日食べるフルーツにすこしだけ工夫して一味違った味を楽しめるレ…

tttr / 1014 view

ブーム到来!?タイ料理特集!

今注目のタイ料理を紹介!

_rune3838 / 1696 view

関連するキーワード