• このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的な防災グッズの中身って?

「何を準備したらいいのか全くわからない!」という方は、厳選された防災グッズを1つのバッグに集約して販売している「避難セット」や「防災バッグ」がオススメ◎
様々なタイプのセットが用意されていますので、自分に合ったセットを選びましょう。

被災者の声を元に、防災のプロが厳選した防災グッズ

被災者の声を元に、防災のプロが厳選した防災グッズ

【被災者の声を参考に防災士が厳選セットアップ】
防災士で市民防災研究家のプロが過去の被災者の方々の経験、声をもとにして非常時の避難生活で必要となるアイテムを厳選し、重量・サイズ・耐久性・使用期限・品質・使い勝手等、あらゆる観点から基準をクリアした非常時対策グッズを厳選セットアップ。 電池不要の携帯充電ダイナモライトや新タイプの固形燃料、水だけで簡単にできるアルファ米、水の要らないシャンプーなど最新非常時グッズをいち早く導入した非常持ち出し袋。最低限準備していただきたいラインナップ。

≪ 地震対策万全の非常持ち出し袋30点避難セット ≫
■日本防炎協会認定の持ち出し袋
■応急処置救急9点セット
■簡易トイレ:3袋
■水のいらないシャンプー
■アルコール除菌ジェル
■カンパン:5年保存
■保存水:災害備蓄用500ml×4本
■電池不要の多機能ライト:携帯充電・ラジオ
■大型アルミブランケット
■万能サバイバルナイフ
■エアーまくら
■加熱剤&食品加熱袋
■非常用給水バック:3リットル
■緊急用「笛」:IDカード付き
■レジャーシート
■軍手:スベリ止め付き
■レインコート&ホッカイロ2個
■布ガムテープ
■非常用ロウソク&マッチ
■三角巾
■スリッパ
■耳栓&アイマスク
■マスク
■乾電池
■緊急時連絡シート
■防災アドバイス

必要な物のリストがあれば、自分で必要最低限の物だけを用意することも可能です◎自宅で使ってない物を再利用したり、100円ショップを上手に利用することで、「防災セット」や「避難セット」と同等のクオリティのセットが完成します。

防災セットを自作してみて分かった、買って準備をすることよりも大事なこと。

防災セットを自作してみて分かった、買って準備をすることよりも大事なこと。

自分でひとつひとつのものを探しだして用意するのは結構大変でした。セットで買えると、すごく手間が省けますし、それなりに質のいいものがついてきます。ですが、パックで買うと、買ったことに安心してしまい、実際に何が入っているのかあまり知らないままだったりします。

オリジナル防災パックを自分で用意する。という思い、行為そのものが、より防災に対する知識と意識を持って、万が一の際に本当に役立つ防災バックとなるのではないでしょうか?

防災用品のほとんどは日常製品なので、基準となるリストされあれば、日常生活の道具を利用して、安価に自分で準備することができます。
自分で準備したハンドメイドの防災セットは、必要に応じて要不要を判断したり、量を調整することができるのも利点です。
女性が持ち運ぶ用に作るなら、非常持ち出し袋はできるだけ軽く、5〜10kgの範囲内に収まるように工夫するのが良いです。

備えあれば憂いなし!防災オススメ用品

「防災セット」や「避難セット」などの、厳選されたセットの中には入っていないけれど、あると便利な防災オススメ用品をご紹介します。

Landport ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ

Landport ソーラー式エコライト solar puff ソーラーパフ

畳んでコンパクトに収納することもできる、サイコロ型のソーラーランタン。電気事情の悪い状況でも、明かりを確保することが可能です。

ライフストロー(LifeStraw) パーソナル

ライフストロー(LifeStraw) パーソナル

「LifeStraw」は、水道水が飲めない状況でも、外にたまっている水やお風呂の水などを飲料水に変えてしまう魔法のようなストローです。このストローを通して水を吸い込むと、安全な飲料水となって口に届きます。

マイ・防災缶【災害時、自分の身は自分で守ろう】

マイ・防災缶【災害時、自分の身は自分で守ろう】

防災を身近に感じて頂けるように、「自分にとって本当に必要なもの、詰めたいもの」を缶詰にできる防災缶詰を作りました。

* 大きさ 縦:15cm、内径:9.5cm
* 中に入れられる物の目安
下着2枚、ハンカチタオル(ガーゼなど)2枚、ポリ袋、カットしたアルミ箔、非常食(少量)、そのほかこまごまとしたもの
*素材 ブリキ

ビブス

ビブス

災害時、たくさんの人が溢れる中での目印としても利用できるビブス。家族や団体で利用するのもオススメです。

ミサンガ / オレンジ×ブルー×ホワイト

ミサンガ / オレンジ×ブルー×ホワイト

パラシュートコードで作られた多機能ミサンガ。
ほどくと2メートルの紐になり、さらに止血帯や物干し、デンタルフロスなど様々なアイテムに姿を変えます。

キャンプストーブ2

キャンプストーブ2

たき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げるキャンプストーブ。ガスやガソリンなどを使わず小枝などの自然燃料を活用して、強力で安定したたき火や調理を楽しめます。

みんなどんな物を備えているの?

 防災グッズを考える

防災グッズを考える

■1次セット内容(2名で1~2日分を想定)

 ・ミネラルウォータ(2L×2本)
 ・スキッドル(中身ウイスキー)
 ・乾パン(2缶)
 ・缶詰(1缶)・・・他4缶追加
 ・SOYJOY(2本)
 ・スニッカーズ
 ・ファーストエイドキット
  (バンドエイド、マスク、包帯、湿布
   下痢止め、頭痛薬、消毒液等)
 ・コンパクトトイレットペーパ(1本)
 ・ポケットティッシュ(6袋)
 ・バンダナ(2枚)
 ・タオル(1枚)
 ・携行タオル(1枚)
 ・サランラップ(1本)
 ・ビニール袋(3袋)
 ・予備電池(単4×30本)
 ・エマージェンシーシート(3枚)
 ・反射バンド
 ・折りたたみバケツ(5L×1袋)
 ・ライター(1個)
 ・アーミーナイフ
 ・手回し充電ラジオ(単4×2本での作動も可)
 ・LEDライト(単4×3本)
 ・LEDヘッドライト(単4×3本)
 ・キャンドルランタン(キャンドル4個入)
 ・メッシュ袋(1つ)
 ・ナップザック(1つ)
 ・ステンレス製アウトドアミラー(1枚)

【3.11】防災グッズの見直しと断捨離

【3.11】防災グッズの見直しと断捨離

これが、一人分のリュックに入れる内容。

関連するまとめ

結婚式の招待状の返信マナー

大人だったら知っておきたい!! 正しい返信マナーをご紹介。

camel / 3177 view

国交省もびっくり?「2014年度 燃費のいいクルマ・ベスト10」まとめ

国交省が『2014年度 燃費のいいクルマ・ベスト10』を発表。普通・小型自動車部門と軽自動車部門の燃費ベスト10がそれぞれ公開されました。普通・小型自動車部…

gdbl / 1228 view

今ハマる大人女子急増中!!《男前インテリア》

今、主婦や大人女子の中でブームになっている《男前インテリア》!! アイアンやブラックを基調とした家具や、ビンテージ感のあるものなど、思わず真似したくなるもの…

sie / 938 view