• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーボトルコーヒーとは!?

ブルーボトルコーヒーは、2002 年にジェームス・フリーマンによって創設され、現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルスの3都市圏で 16店舗を展開しています。

創設者ジェームス・フリーマン

ジェームス・フリーマンが触発されてきた、日本の洗練された喫茶文化やおもてなしの文化と、シリコンバレーで知られるベイエリアならではの、自由で開放的なカルチャーの両方がブルーボトルコーヒーの発展に寄与してきた

ジェームス・フリーマンが2002年8月に自宅のガレージで始めたのがブルーボトルコーヒーでこの自宅のガレージというのがAppleの由来と言われている。

ブルーボトルコーヒーが流行したわけ

新鮮なコーヒーを提供する。

ブルーボトルコーヒーは「おいしさ」を徹底して追求しています。
コーヒー生豆は 厳しく選別され、カフェで販売する豆 は、焙煎されてから 48 時間以内の豆のみを店頭に並べます。
店内に設置されたロータリー(焙煎所)

店内に設置されたロータリー(焙煎所)

店内のみならず、店外にまで香りが広がる。ここで毎日焙煎されるコーヒー豆を使い新鮮なコーヒーが提供される。

サードウェーブコーヒー

2000年前後から。高品質な豆によるおいしいコーヒーを求めるファンに向けて一部のコーヒーショップが提供を開始した。ブルーボトルの創業は2002年。

ブルーボトルコーヒーが生み出したマイクロ・ブリュー・コーヒーは第三の波と言われている程だ。
「マイクロブリューコーヒー」は、1カップずつ丁寧にいれるのが特徴でアメリカのコーヒーファンを魅了した。

一杯一杯丁寧にドリップ

ワッフル

ワッフル

いれたてのコーヒーのお供に大人気のワッフル

・ファーストウェーブ

19世紀後半。コーヒー豆の大量生産・大量流通が可能になる一般家庭に普及した時期。

関連するまとめ

池袋の魅力的なカフェ8選!!

池袋の魅力的なカフェ8選!!

matusuke / 2851 view

渋谷のおすすめ多国籍料理4選

インドネシア料理、タイ料理、ブラジル料理など渋谷のおすすめ多国籍料理4選の紹介。

matusuke / 1537 view

【新宿カレー】新宿に来たら行ってみたいおいしいカレー屋さん9選

有名なお店からちょっとマイナーなお店まで都内新宿でおいしいカレー屋さんを9店ご紹介します。

RedApple / 3119 view

関連するキーワード

mt.Circle

ライフスタイル・エンタメ・グルメを中心に興味のあることを記事にしていきます。