• このエントリーをはてなブックマークに追加
秋田県(あきたけん)は、日本の東北地方の県のひとつで、日本海に面する。県庁所在地は秋田市。
現在の秋田県は、令制国での出羽国と陸奥国の各一部(明治初年にそれぞれ分割されたうちの羽後国と陸中国の各一部)からなる。「秋田」の名前の由来は、土壌が稲作に向かなかったため付けられた「悪田」が転じたものだとも、アゴに似た地形から付けられた「齶田(あぎた)」が転じたものだともいわれている。天平時代に「秋田」の表記で定着した。

全国花火競技大会「大曲の花火」


明治43年に始まった「大曲の花火」は、全国選りすぐりの花火師だけが参加できる日本最高峰の全国花火競技大会です。
良い花火とはどういうものか?花火芸術とは?その全ての答えがここにあります。打ち上げられる花火の質、規模は他の大会では見られない内容とあり、毎年、全国各地から多くの花火ファンが訪れます。

感動と興奮 2010大曲の花火-大会提供花火「挑戦」高画質HD版 - YouTube

出典:YouTube

秋田竿燈まつり

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。
現在残っているもっとも古い文献は、寛政元年(1789)津村淙庵の紀行文「雪の降る道」で、陰暦の7月6日に行われたねぶりながしが紹介されている。このときにはすでに秋田独自の風俗として伝えられており、長い竿を十文字に構え、それに灯火を数多く付けて、太鼓を打ちながら町を練り歩き、その灯火は二丁、三丁にも及ぶ、といった竿燈の原型が記されている。

角館武家屋敷

かつての中・下級武士の侍屋敷である旧家が建ち並び、黒板塀と枝垂桜の木立が大きな特徴となっている通りである。特に春の枝垂桜は見事で、花の時期には特に多くの観光客で賑わい、桧木内川堤のソメイヨシノとともに日本さくら名所100選にも選定されている(ただし、枝垂桜とソメイヨシノの開花時期はやや異なる)。

田沢湖

田沢湖(たざわこ)は、秋田県仙北市にある淡水湖。日本で最も深い湖であり、国内で19番目に広い湖沼である。その全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されており、日本百景にも選ばれている景勝地である。1956年(昭和31年)から2005年(平成17年)まで存在した自治体である田沢湖町の名の由来であり、現在も旧田沢湖町の区域の地名冠称として使われている。

乳頭温泉郷

関連するまとめ

【関西のおすすめ夕日スポット】まとめ!

秋の夕日はすごく綺麗ですよね!今回は関西のおすすめ夕日スポットを県別に紹介していきたいと思います♪

Theparty1 / 3460 view

人気のアジアスポット!シンガポールの魅力!

今話題のシンガポール! 今回はアジアブームの中心ともいえる、 シンガポールについて紹介します!

no1_dramaqueen / 816 view

【秋田】一年中花火が楽しめる街、大仙市大曲。

秋田県にある大曲という街は花火が一年中楽しめるということで有名です。 そんな大曲の花火の魅力をご紹介!

camel / 1465 view

関連するキーワード