• このエントリーをはてなブックマークに追加

この寒い時期、家族や友達とひとつのお鍋をつつきながらわいわい食べられるおいしいお鍋料理。地域によってどんなものがあるのでしょうか?

もつ鍋

福岡発祥の郷土料理。
もつ鍋とは、下処理をした牛(または豚)の白もつ(腸)を味がつく程度に煮込み、後にキャベツやニラ等を入れて食べる料理です。
味付けにはニンニクや唐辛子を入れたしょう油ベースのものと、味噌ベースのものがあります。具を食べた後の締めには、ちゃんぽんを入れて煮込むのが一般的です。

〈おうちで簡単に作れるもつ鍋レシピ〉

―材料(4人分)―

キャベツ 1/2玉
もやし 2袋
ニラ 1束
牛もつ(部位はお好みで) 400〜500g
にんにく 適量
輪切り唐辛子 少々
白ゴマ 少々

(スープ)
鶏がらスープの素(顆粒) 大さじ4
醤油 小さじ2
砂糖 小さじ1.5
みりん 50cc
塩 適量

―作り方―
1.鍋にスープの材料をすべて溶かして煮詰める。
2.水でよく洗ったもつをスープの中で中火にかけ、煮立ったらあくを   とっておく。
3.にらやキャベツはざく切りに。豆腐は8/12ほどに切る。
4.なべにもやしときゃべつを入れて、スープをいっぱいにして煮る。
5.最後ににらを上に乗っけて、しばらく煮込み、トッピングに輪切り唐  辛子と白ゴマをふりかければ出来上がり。

水炊き

博多を代表する郷土料理。
皮や骨付きの博多地鶏のぶつ切りを鍋に入れ、他の調味料を使わずにその名の通り水から煮立たせて食べる鍋料理です。
主な具材は、鶏肉、ミズナ、白菜、キャベツ、長ねぎ、キノコ類、しらたき、春菊など。また、博多以外の地域では、昆布を鍋底に敷いて出汁をとる場合もあります。

鶏のぶつ切り、ミンチ、野菜などの具材が入るが、一気に鍋に投入することはない。手順を踏んで、その段階ごとにスープと具材を堪能するという味わい方が特徴的だ。

素材本来の味を楽しめるお鍋。

美酒鍋

東広島市西条地域で食べられる郷土料理。
鶏肉や豚肉、野菜類の具材を、日本酒と塩、胡椒などで味付けをしたシンプルな鍋。
調理には鉄板を用いることが多く、汁気をほとんど出さない「炒り煮」状態で食べます。味付けには日本酒が使われるが、アルコール分が抜けて酒のうまみだけが残るため、子どもでも食べられます。

作業服がビショビショになることが多いことから、蔵人のことを「びしょ」といい、その蔵人が食べることから「びしょ鍋」と呼ばれるようになったと言われています。
現在では、「びしょ」を「美酒(びしゅ)」と語呂良く読ませています。

鍋料理 広島県 美酒鍋 - YouTube

出典:YouTube

きりたんぽ

秋田県の郷土料理。
潰したご飯を、杉の木の棒に巻きつけてちくわ状に焼きあげています。
鶏肉やごぼう、きのこ、ねぎなどと共に、鶏がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いたりして食べます。

秋田県では、冬場に学校給食のメニューとなるそうです。

きりたんぽは、その形が短穂槍(たんぼやり)の穂先に似ていることからその名がついたとされます。かつて猟師達がきりたんぽを保存のきく携行食糧として食べていたものを、猟でとった鳥や山菜と一緒に煮込んで食べたのが始まりだそうです。

関連するまとめ

余ったお餅で作れるレシピまとめ

余ったお餅で簡単に作れるリメイクレシピをご紹介!!

camel / 2011 view

簡単そうで奥が深い!本当に美味しい「麻婆豆腐」を作るコツ

中華料理店のような麻婆豆腐は本当においしいですよね。でも、家庭で作るとそれなりって感じの出来になってしまうことって多いと思います。そこで今回は本当においしい…

sonicdisorder / 1122 view

ブーム到来!?タイ料理特集!

今注目のタイ料理を紹介!

_rune3838 / 1831 view

関連するキーワード