• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都庁舎

東京都庁舎は予約不要で自由に見学できます。高さ45階、地上202mから東京の街並みを一望することができます。

展望室にはカフェやレストランがあり、特に北展望室のレストランはデートスポットとしても人気です。

南展望室から見えるのは東西南の三方。主に東京都心部と、神奈川県へと続くベッドタウン。遠く西方には丹沢大山、富士山を望む事ができます。
北展望室にはなんと博品館のおもちゃ屋さんが。。。漢字の印鑑など、怪しげな外国人向け土産があれやこれやと売っていました。

開庁時間:9:30〜23:00 ※南展望室は17時30分まで
閉庁日:南展望室 第1及び第3火曜日
    北展望室 第2及び第4月曜日土曜・休日・年末年始
入室料金:無料
住所:東京都新宿区西新宿2−8−1
電話番号:03-5320-7890

新宿御苑

新宿御苑は、環境省が管理する公園で、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園などが併設されています。

都会のオアシスとして人気の「癒しスポット」。春は、桜の名所として有名です。

桜を見る目的で新宿御苑に行きましたが、桜の種類が多く楽しめました。酒類の持ち込みが禁止されて酔っぱらいがいないのが良いです。
個人的には新緑の季節が好きです。 緑がより濃くなり、思わず森林の中で深呼吸したくなります。

住所:東京都新宿区内藤町11
開園時間:9:00~16:00(16:30閉園)
休園日:毎週月曜日、年末年始
入園料:一般(15歳以上)200円 小・中学生50円 幼児無料
    ※30人以上団体割引あり(大人(15歳以上)150円 小・中学生25円)

損保ジャパン東郷青児美術館

ゴッホの「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」、セザンヌの「りんごとナプキン」の有名作品も見ることができます。

東郷青児画伯とはつながりが強く、美術館設立に当たり自身の作品を約200点、内外作家の作品を約250点寄贈。こうして東郷青児のコレクションを元に、美術館は一般公開されるようになりました。

ここからの風景も素敵です。

常設展示だけでなく、企画展示も年6回のペースで開催されています。企画展では近代の作品にこだわらず、アメリカのポップアート作品を取り上げるなど、幅広く美術作品が扱われています。

・住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
・開館時間:10:00〜18:00
・定休日:月曜日、展示替の期間、年末年始
・電話番号:03-5777-8600

関連するまとめ

まったり花見がしたい人向け!都内の穴場花見スポット6選

花見はやっぱり大切な人とゆっくりまったり!というあなた!今回はまったりできる穴場花見スポットをご紹介しますよ!

mh0513 / 927 view

東京都内の絶品カツカレーが食べられる店5選

東京都内の絶品カツカレーが食べられる店5選の紹介です。

matusuke / 2200 view

【パクチー好き歓喜!】パクチーを心行くまで堪能できる都内のお店9選

どの料理もパクチーだらけ、パクチーを心行くまで堪能できるパクチーのお店をご紹介します。

RedApple / 520 view

関連するキーワード