• このエントリーをはてなブックマークに追加
山形県(やまがたけん)は、日本の東北地方南西部の県。日本海に面する。県庁所在地は山形市。
県域を地図で見ると人間の顔の形(西向きの横顔)をしている。県の東側一帯で宮城県との境に奥羽山脈、県の西部に朝日連峰がそびえているように、県域の大半 (85%) を山地が占め、総面積に対する森林の割合は 75% 、農業用地の割合は15%である。県の中央には最上川が流れる。県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、「母なる川」とも呼ばれている。北西側の日本海上には県唯一の離島、飛島がある。

鳥海山

鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん)は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。

銀山温泉

銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。
銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並ぶ。多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築であり、外装には鏝絵が施されている。川には橋が多くかかり、また歩道にはガス灯が並んでいる。
銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景である。この光景を守るため、町並みを保存する条例が定められている。

山居倉庫

山居倉庫(さんきょそうこ)は、山形県酒田市にある米穀倉庫(2重屋根・倉の内部は湿気防止構造・ケヤキ並木と自然を利用した低温管理倉庫) である。
明治26年(1893年)、酒田米穀取引所の付属倉庫として旧庄内藩酒井家により当時の鵜渡川原村に建設され、同年11月1日開業。管理・運営も酒井家が行った。昭和14年(1939年)に取引所は米穀配給統制法によって廃止されたが、倉庫は引き続き財団法人北斗会、庄内経済連、全国農業協同組合連合会庄内本部(JA全農庄内)と所轄を移しながら現在も運用されている。

小杉の大杉

1000年以上の樹齢をほこる天然杉。アニメのトトロに姿形が似ていることから有名となり、人気を呼んでいる。

お釜

関連するまとめ

絶品☆都内の名店すき焼き屋8選

ちょっと贅沢に外ですき焼きを楽しみたい時にオススメのお店をご紹介します。

RedApple / 9973 view

人生で一度は必ず訪れたい!! 【カンボジア編】

今回はカンボジアの是非足をはこんでいただきたい遺跡をいくつか紹介します!!

Theparty1 / 477 view

おすすめ日本の家族旅行10選

これまで私自身が実際に行き、良かったスポットを中心に集めお得な情報や感想をまとめました。日本全国各地の観光スポットを紹介しました。

liketimes / 805 view

関連するキーワード